未婚のひとり親に対する寡婦(夫)控除のみなし適用について

2018年7月4日

地方税法上の寡婦控除又は寡婦控除が適用されていない,結婚歴のないひとり親家庭の子育てを支援するため,寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しています。申請により,児童手当(平成30年6月より),乳幼児等医療費助成制度(平成30年6月より)及び児童扶養手当(平成30年8月より)の所得算定において,税法上の寡婦(夫)控除と同様の控除が適用されます。

なお,みなし適用のため,実際の税額算定では控除は適用されません。

対象者

    1.婚姻によらないで母となり,現在婚姻(届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含
          む。)をしていない人のうち,扶養親族又は生計を同じくする子がいる人
    2.1.に該当し,扶養親族である子がいる人で,かつ,合計所得金額が500万円以下である人【特別寡婦の
          みなし適用に該当】
    3.婚姻によらないで父となり,現在婚姻(届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含
          む。)をしていない人のうち,生計を同じくする子がおり,合計所得金額が500万円以下である人
    ※上記の「子」は,総所得金額等が38万円以下であり,他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない
       場合に限ります。
    ※税法上の寡婦(夫)控除を受けている人は対象外です。
    ※1.又は3.に該当した場合の控除額は,27万円です。2.に該当した場合の控除額は,35万円です。
     
        ※上記申請書に,申請者の戸籍全部事項証明書を添付する必要があります。この他必要に応じて,住民票,
           所得・課税証明書など,みなし適用に必要な書類の提出を求めることがあります。
        ※みなし控除の適用を受けても,支給額や認定結果が変わらない場合があります。詳しくは,子育て支援課
           までお問い合わせください。

お問い合わせ

呉市福祉保健部子育て支援課
TEL:0823-25-3173
住所:〒737-8501 呉市中央4-1-6