乳幼児等医療費助成制度

2016年10月28日

呉市では、乳幼児等医療費の助成を行っております。この制度の対象となるのは,呉市民で国民健康保険,各種社会保険等に加入されている方の被扶養者です。

対象年齢等の詳細は,下記のページをご覧ください。

☆平成29年10月1日から乳幼児等医療費助成制度の助成対象を拡大します。

☆対象と思われる小学校1年生から6年生までの人(平成17年4月2日~平成23年4月1日生まれ)には,平成29年7月上旬に申請書を送付しますので,手続きをしてください。

※6月10日時点の住所に送付する予定にしておりますので,転入や転居などで届かない場合は,お問い合わせください。中学生には申請書は送付しませんので,10月1日以降入院する場合に申請してください。

 

対象となる方

助成内容

健康保険を適用した診療などによる医療費を助成します。対象年齢は次のとおりです。

 

(平成29年9月診療分まで)

区分 通院 入院
0歳児~小学校就学前児童
小学校1年生~6年生  ×

 

(平成29年10月診療分から)
区分 通院 入院
0歳児~小学校就学前児童
小学校1年生~6年生

中学校1年生~3年生  ×

 

 

所得制限限度額

乳幼児等を養育している方(生計中心者)の前年(1月から5月までの間に生まれた乳幼児等については前々年)の所得が所得制限限度額未満の方に限ります。

所得には一定の控除があります。詳しくは子育て支援課(TEL:0823-25-3173)へお問い合わせください。

扶養親族数 所得制限限度額
0人 532万円
1人 570万円
2人 608万円
3人 646万円
4人 684万円
5人 722万円

支給額

一部負担金

自己負担が必要です。

【自己負担金】
1医療機関:1日 500円

同一の医療機関で受診した場合、通院:月4日まで、入院:月14日まで、1日につき500円まで自己負担

※通院 月5日以降、入院 月15日以降は自己負担はありません。
※保険薬局(院外処方)での自己負担はありません。

有効期間

 

新規申請


申請日が出生日・転入日・健康保険加入日の翌日から数えて14日以内の申請の場合は出生日・転入日・健康

保険加入日から有効となります。

14日を過ぎた場合は、申請書提出日からの資格取得となり、さかのぼりができないのでご注意下さい。

 

更新申請


受給者証はお子様の誕生月の翌月初日で毎年切り替えとなり、新しい年度の取得で審査します。

受給者証の有効期間は、誕生月の末日(1日生まれは前月の末日)までです。
※6歳児と小学校6年生は,有効期間が3月31日までとなっていることがあります。

手続き

申請書提出先

子育て支援課、各市民センター、市民窓口課

手続きに必要なもの

申請書類名見本(記入例)
乳幼児等医療費受給資格(更新)認定申請書.pdf(145KBytes) 乳幼児等医療費受給資格(更新)認定申請書(記載例).pdf(179KBytes)
乳幼児・ひとり親家庭医療支給申請書(償還払).pdf(198KBytes) -

【新規:初めての方】

申請に必要なもの (※1以外の健康保険証,印かん,所得課税証明書などは,後日提出でも可能です)
  1. 申請書
  2. お子様の健康保険証 ※出生時はお子様が加入予定の保護者の保険証で申請可能です。
  3. マイナンバーカード(個人番号カード)又は個人番号の通知カード及び本人確認書類(運転免許証等)
  4. 印かん(認印,サインでも可)
  5. 所得課税証明書(保護者が転入または呉市外在住の場合のみ) ※市民税・県民税の税額決定通知書,源泉徴収票は不可につきご注意ください。

【 更新:引き続き利用する方】

受給者証の更新

・受給者証は毎年更新となります。更新申請は原則不要です。ただし、必要事項が確認できない場合は、誕生月の上旬に更新申請書を送付しますので,資格終了前に手続きをしてください。
(お子様の誕生月に,新しい受給者証・更新申請書・却下通知書のいずれかを送付します)
※入院のみ助成されている受給者証につきましては更新しませんので,必要になった(入院する)際に申請してください。

【 変更:家庭環境等が変わり届出が必要な方】

どんなとき 手続きに必要なもの
年齢が変わったら 誕生月に受給者証、更新申請書、却下通知書のいずれかを送付します。※申請書が送付された場合は、資格終了前に更新申請をしてください。(所得課税証明書等が必要な場合があります。)
呉市内で転居したら 住民票の転居手続きをしていただければ、後日新住所へ新しい受給者証を送付します。
お子様が呉市外へ転出したら 呉市での受給資格が喪失します。 →手続きは不要です。
呉市に再転入 転出前の受給資格は喪失していますので、再度、乳幼児等医療費受給資格(更新)認定申請書.pdf(145KBytes)を提出してください。
保護者が変わったら

乳幼児等医療費受給資格(更新)認定申請書.pdf(145KBytes)を提出してください。

受給者証を紛失したら

 

乳幼児等医療費変更・再交付・喪失届.pdf(131KBytes)を提出してください。

 

お子様及び保護者の名前が変わったら
健康保険が変わったら

【その他:医療費の払戻しについて(県外で受診した場合・受給者証を提示しないで支払った場合など)】

申請に必要なもの
  • 乳幼児・ひとり親家庭医療費支給申請書(償還払い分)
  • 領収書(1日ごとの保険点数・支払額のわかるもの)
  • 乳幼児等医療費受給者証
  • 受診された方の健康保険証
  • 保護者の通帳
  • 印かん

よくある質問

受給者証を病院で提示したら、医療費は無料になるのですか?
医療機関ごとに1日500円の自己負担金を窓口でお支払いいただいております。1日の自己負担額が500円未満の場合は、その金額を負担してください。
ただし、この制度で対象となるのは、健康保険診療となる医療費の自己負担部分であるため、健康診断や予防注射、特定診療費(紹介状なしの初診料)、夜間休日診療費の加算額、歯列矯正、薬の容器代など保険適用外のもの、また、入院時の食事代には適用されません。
具体的に1ヶ月の負担はどのくらいになるのでしょうか?
同一の医療機関での、ひと月の自己負担額は通院は4日までで最大 2,000円まで、入院は14日までで合計で最大7,000円までということです。1日の請求額が500円未満の時はその金額が自己負担額です。5日目以降の通院及び15日目以降の入院の自己負担はありません。また、調剤薬局で薬を受け取る際の自己負担はありません。
転入してきましたが、審査に必要な所得課税証明書はいつのものが必要なのですか?
受給資格審査は、お子様の誕生日現在で確認できる(確認できた)所得で判定します。
1月~ 5月生まれ 前々年1月~12月までの所得で判定します。
6月~12月生まれ 前年の1月~12月までの所得で判定します。
※1日生の人は前月生として扱います。
所得課税証明書は各年度とも1月1日に住所を置いていた市町で原則発行されます。請求方法については、各市町の市県民税担当課にお問い合わせください。
※「記載省略のない様式(所得額内訳及び住民税控除額内訳がすべて記載してあるもの)」でお取り寄せください。

お問い合わせ

呉市福祉保健部子育て支援課
TEL:0823-25-3173
住所:〒737-8501 呉市中央4-1-6